福島きょうだい会

fukukyou.exblog.jp

精神に障がいをもつきょうだいがいる兄弟姉妹の会   管理人 まるちゃん

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

*お知らせ*

川崎兄弟姉妹会さんのHPと
新潟きょうだい会さんのHPをリンクに追加しました。
全国各地にあるきょうだい会の様子をぜひご覧下さい058.gif
[PR]
by fukusimakyoudaika | 2009-02-26 21:01 | お知らせ
かなり、更新があいてしまい申し訳ありませんm(--)m

昨年、精神保健ばんだいのつどいのパネルの会
福祉ハウスボネールさんのコンサートなどに
参加したので、遅ればせながらご報告いたします。

平成20年9月7日(日)に第16回研修交流会 精神保健ばんだいのつどいの
公開講座として、パネルの会が行われました。
薬について、医師、薬剤師、当事者からの発表のあと、
参加者からの質問、意見などのデイスカッションがありました。

f0176689_17302049.jpg

「薬について」と聞くと、どうしても新薬を想像してしまいますが、
アドヒアランス、薬の管理の工夫、薬について薬剤師に相談できることなど
「服薬について」のお話でした。

☆アドヒアランスとは何か?
会場にいた方だけでなく、事前にとったアンケートでも同じ意見があったようです。

コンプライアンス compliance = 服薬遵守
 医療提供者の決定に従って服薬する、主体は医療者であり当事者ではない。

アドヒアランス adherence = 服薬治療への主体参加
 当事者が医師の決定に従って服薬するだけでなく、服薬の意義を理解した上で
 主体的に治療方針を選択し、服薬するという考え方。
 本人も医療チームの一員として、自分の病気の治療者となる。

 
 ・服薬教室などで、正しい服薬について理解することも服薬についての
  不安やストレスの解消にもつながる。

☆薬の管理の工夫
飲み忘れについての質問が多くありました。
・飲み忘れたからといって、2回分飲むなどはしてはいけない。

☆薬剤師に相談できること
・薬の種類によってうまく飲むことが出来ない場合など
  薬によっては、粒、粉、カプセル、液状のものなどがあるので
  自分の飲みやすいものに選べる。
 
☆2名の当事者の方の発表は
薬についてのお話と事業所のお仕事について
・薬を飲んでから、「働きたい」と思うようになったり、前向きになった気がする。
・薬を飲むのを辞めてしまい、再発した経験があるので気をつけている。

事業所のお仕事は、以前、NHKでも放送されましたが
病院の中で売店を運営しています。
現在スタッフが行っていることは朝、カギを開けることと、夕方のレジ精算のみで
病院の売店をする事業所(作業所)は他にもありますが、メンバーだけで
行っているところは他にはないそうです。


当日、突然参加したのですが、きょうだい会の方が2名参加していたので
思わぬ再開に喜びました003.gif
[PR]
by fukusimakyoudaika | 2009-02-05 16:08 | 報告
第10回「心の輪」チャリティコンサート
   ~こころの友をもとめて~


日時 : 平成21年2月28日(土)
      開場 13:00
      開演 13:30~16:00

場所 : 福島県文化センター 小ホール

入場料: 前売り 大人 1,200円 当事者 1,000円 小中学生500円  
       当日 大人  1,500円 当事者 1,000円 小中学生500円

プログラム: ステージ1 会津マスクワイア
         ステージ2 朗読
         ステージ3 福島市立第3中学校 吹奏楽部

※会場では、県北地区精神障がい団体の展示即売、ブレインバンクコーナー
  障がい年金等の相談コーナーが設けられます。

チケットのお求め・お問い合わせは
ひびきの会「ワークショップろんど」まで

       ℡ 024-526-0556
[PR]
by fukusimakyoudaika | 2009-02-03 00:12 | お知らせ